11日に震災が起きてから3日…私の住んでいる大阪では当日しばらくの間揺れがありましたが、大きな被害はありませんでした。直後はいつもの弱震と思っていた私、でもTVで大きな津波に飲み込まれる東北地方の事実を知った時、阪神淡路大震災の時の恐怖が頭をよぎりました。当時、阪神淡路大震災の直後に仕事で芦屋の方に行ったのですが、タクシーの車窓越しに道路両脇の凄まじいがれきの山を目にしました。自然の力というのは、本当に計り知れないものなんだと頭では理解していても…新聞の見出しでは阪神淡路大震災の1000倍とも書かれていて、恐怖に怯えてしまいます。

 祖母の兄弟が茨城と千葉に住んでいるのですが、家の中がめちゃくちゃになってしまったものの、家族も家屋も無事との事で安心しました。東京に住んでいる主人の友人も直後は携帯が不通でしたが、公衆電話で無事が確認され安心しました。ふとリトファの方々の事を思い出し…12日に無事ですとのブログ更新に少しほっとしたのもつかの間、そのしばらくあとに原発のニュースを見てまた不安に。放射線による被爆者も出ていると聞き、もぅ心配で心配でたまりません。

 東北地方とはずいぶんと遠いところに住んでいる私たちにできる事って…報道等で事実を把握し、今は節電とただただこれ以上被害が拡大しない事を祈るばかりです。どうかこれ以上被害が大きくならないよう、ひとりでも多くの命が救われますように、そして被災者の方々には心よりお見舞い申しあげます…。

 
2011.03.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://marika1117.blog137.fc2.com/tb.php/34-27f521b6